残業代削減対策室 合法的に残業代を削減する方法とは?      無料相談はこちら 本文へジャンプ
残業代って本当に減らせるの?
残業代削減について有効な具体的対策をお知らせします!

労働条件の引き下げについて
労働条件の引き下げには、労働契約の不利益変更に該当し、社員の個別の同意なしに会社側からの一方的な変更は認められません。

就業規則で記載内容を変更することで労働条件を引き下げられる場合も社員の同意が必要になりますが、この場合は社員個別の同意ではなく、過半数社員の代表の同意で就業規則を変更するころが可能です。

一方、社員の労働条件が向上する、または今までと変わらない場合は、過半数社員の代表の意見を聴取するだけで就業規則の変更ができます。

労働条件の引き下げを実行したい
労働条件の引き下げについてのご相談については、info@zangyou.comまで。

残業代に関するお問い合わせは、24時間無料お問い合わせまで
   Copyright(c)残業代削減対策室