残業代削減対策室 合法的に残業代を削減する方法とは?      無料相談はこちら 本文へジャンプ
残業代って本当に減らせるの?
残業代削減について有効な具体的対策をお知らせします!

的確な労務管理が残業代削減の基本
まず法定3帳簿をきちんと整備し、社員の労働時間をきちんと管理しましょう。
(法定3帳簿とは、労働者名簿、出勤簿、賃金台帳のこと。)
特に残業代に関わる出勤簿と賃金台帳をきちんと整えていないと、有効な対策が打てません。

法定3帳簿についてわからないことがありましたら、info@zangyou.comまで。

では労働時間ってどうやって管理するの?
大半の会社で実施されている労働時間管理方法は、次の3つです。
@タイムカード制
A専用ソフト等によるパソコン入力
B自己申告制
最も多く利用されているのがタイムカードによる管理でしょう。最近はパソコンソフトとの連動タイプのものもあり、非常に便利になってきています。
その次に勤怠管理システムに始業時刻や終業時刻を入力したり、ICカードを読み込ませたりするものです。給与計算や人事評価システムと連動している場合が多く、人事労務管理稼動や労働時間の管理稼動が軽減されます。
最後に社員による自己申告制度はこれは管理がいわゆる手計算になり、また労働時間管理を社員に委ね会社として情報を共有できないために諸問題があります。

労働時間管理についてのご相談は、info@zangyou.comまで。

社員の自己申告制の諸問題とは?
タイムカードや勤怠管理システムによる労働時間の管理は、記録の客観性があるために厚生労働省も推奨しています。しかし、社員による自己申告制は記録の客観性が維持しにくく、また主観による改ざんも行われやすい、さらに的確な労働時間を把握しようとすると残業申請書や上司や他の社員の実態調査が必要になったりする場合があり、かなり労力や時間がかかります。後々の労使トラブルにも発展しやすいことから、この方法はできれば辞めておいた方がいいでしょう。

自己申告制廃止についてのご相談は、info@zangyou.comまで。

会社の働き方に合った制度を導入し残業代を削減しよう!
労働基準法は時間を軸に賃金が決まるようになっており、成果や生産高で賃金が決まるわけではありません。しかし、昨今の経済経営環境の激変下、高い専門性が求められたり働き方の多様化してきたり等、一律的な労働期間では対応できなくなってきました。そこで裁量労働制や変形労働制、フレックスタイム制など柔軟な労働時間制を許容するように法整備が進められています。
ゆえに、自社にマッチしたこのような柔軟な就労形態を導入することで、これまで時間外労働として対処しなければならなかったものを合法的に時間外労働から除外できます。

自社の就労形態に合った労働時間制のご相談は、24時間無料お問い合わせまで。


残業代に関するお問い合わせは、24時間無料お問い合わせまで
   Copyright(c)残業代削減対策室