残業代削減対策室 合法的に残業代を削減する方法とは?      無料相談はこちら 本文へジャンプ
残業代って本当に減らせるの?
残業代削減について有効な具体的対策をお知らせします!

時差出勤制度とは?
時差出勤制度とは、始業時刻が複数用意され、従業員がその中から選択をして勤務する制度です。終業時刻はこの始業時刻に応じて決まることになります。

フレックスタイム制とは何が違うの?
フレックスタイム制は始業時刻も終業時刻も従業員が自由に決めることができますが、時差出勤制度では始業時刻が複数あっても所定労働時間は変わりませんから、終業時刻を自由に決めることはできません。

時差出勤制度導入のメリット
業務や従業員の都合に応じて働くことのできる効率的な体制がとれれば、その分、無駄な残業代は削減できます。
たとえば、お客様の都合で遅くまで残らなければならない日は出社時刻を遅らせ、社員の都合で早くあがりたい時は早い始業時刻に出社するといった柔軟な対応をとれば、残業代が削減することができます。

時差出勤制度の2つのパターンとは?
時差出勤制度には、固定的な時差出勤制度と柔軟な時差出勤制度の2種類があります。
固定的な時差出勤制度は、複数の始業時刻と終業時刻が用意されており、それを従業員に選択されるものです。
柔軟な時差出勤制度は、始業時刻を複数に固定せず一定の範囲で定めるものです。
たとえば、始業時刻を午前6時から午前10時までの範囲と定めた場合、終業時刻は従業員が出社した時刻から休憩時刻を除く8時間が経過した時刻、午後3時から午後7時までの範囲になります。

時差出勤制度を導入したい
時差出勤制度についてのご相談については、info@zangyou.comまで。

残業代に関するお問い合わせは、24時間無料お問い合わせまで
   Copyright(c)残業代削減対策室