残業代削減対策室 合法的に残業代を削減する方法とは?      無料相談はこちら 本文へジャンプ
残業代って本当に減らせるの?
残業代削減について有効な具体的対策をお知らせします!

シフト勤務制とは?
工場や店舗では、24時間、365日無休で稼動しているところがあります。また、業務時間が10数時間に及ぶ業種もあります。このような場合は、稼動を止めないように複数の従業員を交代でいろいろな時間帯に働かせることになります。
稼働時間に合わせて、交代制にしたり従業員の勤務時間をずらしたりすることを、シフト勤務制や交代勤務制と言います。

シフト勤務制導入するメリット
シフト勤務制をうまく活用することで残業時間を削減することが可能です。法定労働時間を超えないように従業員のシフトを組むことで残業代が抑制され、また、従業員のシフト勤務後の時間帯には、別の従業員が控えているわけですから、残業自体が発生しないことにもなります。
シフト勤務制を導入する場合、1ヶ月単位の変形労働時間制や1年単位の変形労働時間制を活用して従業員一人当たりの労働時間が週40時間以内になるようにし、12時間勤務の2交代制度や8時間勤務の3交代制度といった働かせ方も可能です。

習熟度の従業員を辞めさせないために
現状の仕事に慣れている従業員が辞めてしまうと、また新しく人を募集しなければなりません。そして一人前の戦力になるためにはそれ相応の時間と教育が必要になってしまいます。
このような場合、シフト勤務制をうまく活用すれば、育児や介護等の理由でフルタイム勤務できずに辞めなければならない人でも、会社を辞めずに継続して働いてもらえるような環境を作ることができます。
習熟度の高い労働者を社内に留めておくことは、効率性の面からも残業代削減の観点からも、非常に有効と考えられます。

シフト勤務制を導入したい
シフト勤務制についてのご相談については、info@zangyou.comまで。

残業代に関するお問い合わせは、24時間無料お問い合わせまで
   Copyright(c)残業代削減対策室