残業代削減対策室 合法的に残業代を削減する方法とは?      無料相談はこちら 本文へジャンプ
残業代って本当に減らせるの?
残業代削減について有効な具体的対策をお知らせします!

所定労働時間と法定労働時間とは?
所定労働時間とは、会社が就業規則等で定める労働時間のこと、法定労働時間とは、労働基準法で定める所定労働時間の限度時間のことをいいます。この法定労働時間は原則8時間/日、40時間/週です。自社の所定労働時間がこの法定労働時間よりも短い場合は一度見直しが必要です。

所定労働時間の見直しについてのご相談は、info@zangyou.comまで。

残業は残業でも割増賃金がいらない場合がある?
法定労働時間を下回る所定労働時間を定めている場合、残業は2種類に分かれます。たとえば、所定労働時間7時間であったとすると、3時間残業させた場合は、1時間は法定労働時間内なので割増賃金は不要、残り2時間は法定労働時間を超えてしまうので割増賃金が必要になります。この1時間の残業を法定内残業、2時間の残業を法定外残業といい、一般的に残業といわれるのは法定外残業のことを指します。

では残業代の計算はどうすればよいのでしょうか?
・法定内残業の計算方法:時間単価×残業時間
・法定外残業の計算方法:時間単価×割増率1.25×残業時間
となります。

貴社では所定労働時間を超えると、一律に割増率1.25をかけて計算していませんか?
もし法定内残業に対して割増率をかけているのでしたら、早急にルールを見直し残業代の過剰払いを止めましょう。

所定労働時間見直しについてのご相談は、info@zangyou.comまで。

残業代に関するお問い合わせは、24時間無料お問い合わせまで
   Copyright(c)残業代削減対策室